期間工のおすすめ!期間工の選び方

ダイハツ自動車の期間工で働いたリアル体験談|DAIHATSUの期間工従業員としての経験した話

ダイハツの期間工体験談
数年前にいろいろな事情があり前職の工場を退職して少し経ち失業手当も給付が終了するころに、ちょうどネットでダイハツ自動車の期間工募集を目にしました。

工場でいろいろな部品の加工や組み立てをやっていましたし、失業手当も終わるころなので軽い気持ちで次の仕事を決めるまでのつなぎとして求人に応募しました。

面接でも前職の経験がものをいったのか分かりませんがあっさりと採用が決まりました。

ダイハツの期間工として働いていた主な仕事内容は、エンジンの組付け作業でした。車の心臓部分ということでチェックも厳しくミスは絶対許されませんし仕事中は常に集中しなければいけませんでした。寮に帰るとバタンキューなんて日もありました。

体も疲れるのですが頭がふらふらになります。テスト部門が忙しい時には、テストの補助的な作業を手伝うこともありました。これも、また間違いを見つける最終の段階なので、集中集中で頭が痛かったのを覚えています。

お給料は月によって変わりますが、総支給額がおよそ33-35万円くらい、税金や寮費などで8−9万円が引かれ手取りが約25,6万円くらいでした。

ある月の詳細を上げるとこんな感じです。
【ある月の給与の詳細】
出勤21
労働時間213
残業時間31
休出時間16

通常日給184,800
皆勤手当35,000
創出残業手当55,738
変則勤務手当48,804
休日出勤手当31,498

支給合計355,840

ここから所得税、雇用保険、健康保険、厚生年金、食費、寮費、給食費(食費)などが引かれて手取りが258,000円ほどでした。
契約期間を終えると、満了金のような特別手当も出ました。確か80万~90万円ぐらいだったと思います。この特別手当は就労日数別に設定されているもので、長くいればいるほど高くなる仕組みでした。

個人的に職場の働き心地は良かったですが、これは人によるところ大きいと思います。結局、一緒に仕事をする方の性格・人柄が重要です。

中には少しクセのある先輩(自分の機嫌にすごく左右される方でした)もおられましたが同期がすごくいい人が多くお互いに励ましあってなんとか乗り切りました。このクセのある先輩以外の方は本当に優しい方ばかりでした。

会社の寮の施設は相部屋でしたが、私はそこまで神経質でもないのでそんなに苦ではありませんでした。同部屋の同僚もいい人だったのが大きいですが。

テレビやベットなど生活に必要な設備がありましたので、何も困ることもありませんでした。以前に住んでいたアパートに比べるとすごくキレイで個人的にはすごく気に入っておりました。

寮では同期とワイワイガヤガヤと楽しくオフの時間を過ごすことが出来ました。幸いにもクセの強い先輩は自宅からの通いでしたので、寮では解放感がいっぱいだったのは鮮明に記憶しています。

思えば、同僚とケンカをしたり休日前の飲み会で酔いつぶれて道路で寝てしまったり、本当にいろいろ楽しいことや辛いことがありました。

しかしながら、気がつけば結局2年間も働いていました。体力的にも精神的にもいろいろあった辛いことを乗り越えられたのも、期間工として同期入社の同僚に恵まれていたからだと今でも思います。

期間工は体力的にキツイのが大きなデメリットだとは思いますが、最初を乗り切れば1ヶ月程度で作業自体には徐々に慣れてきます。もちろん楽ではありませんが、期間工はアルバイトや日雇い派遣をすることを考えるとかなり効率的に稼げます。

期間工にこれからなろうかと思っている方は、体力と忍耐力が必要ということを覚悟して応募した方がよいかもしれません。

無事に契約期間を満了しその働きが認められれば「優秀期間社員」に認定されると、2年以内なら面接を受ければ優先的に退職時にいた場所に入れるという制度もありますので、継続的に期間工をに続けていくということも可能です。

ダイハツ応募

ダイハツ期間工の評判のまとめ

仕事はキツイけど3ヶ月で慣れる。慣れたら簡単。
残業が多いと手取りで30万近くまでいく。
満了金は2年11ヶ月で140万だった。
寮の当たり外れが大きい。配属先の当たり外れも大きい。
組み立ては地獄です。
仕事できなさすぎて部署転々としてる人はいる。
月によって残業の時間が全然違う。
1日に同じ作業をひたすら繰り返すだけ。
食堂の食事はまぁまぁ美味しかった。
シフトで昼夜逆転が慣れるまでが大変だった。
期間工に必要な能力、それは根性です。
頑張れば皆勤手当と合わせて30万超える。
社員の態度が……

ダイハツ応募

期間工のおすすめ!稼げる期間工の選び方|給料・評判・環境で比較

ページトップボタン