期間工のおすすめ!期間工の選び方

トヨタの期間工で働いたリアル体験談|TOYOTA期間工従業員としての経験した話

トヨタの期間工体験談

ホンダの期間工で働いた体験談|その1

わたしがこの期間工で働くことになったキッカケは、20歳の頃に転職で名古屋にいくことになったことから話は始まります。当時わたしは不動産の営業につくのが夢でした。

しかし実際に不動産の営業職につくと、自分の思い描いていた不動産業の営業とはとてつもなくかけ離れていました。そして、わずか入社半年で退職するはめになり、わたしは途方に暮れていました。

ですが、一度夢を追いかけ地元を離れていたので、そんな簡単にあきらめて地元に返っていくのが自分の中でとても恥ずかしく思い、この名古屋でまた就職することを決意しました。

ただ、今までこの不動産の営業をやってみようという思いだけで名古屋に来たので、特に他にやりたいことはありませんでした。

結果、生きていくためにはお金が必要なので、とりあえずお金を貯めようと思い比較的給料の良い期間工で働くことに決めました。

それがわたしが期間工で働くこととなったきっかけです。

面接はすんなりと合格し配属先が決まりました。しかし、その配属先には名古屋はなく愛知県の豊田市でした。

それでも名古屋からは近いのですが、1年間寮へ入り働くことになりました。この期間工の1年間は短いようでとてつもなく長く感じました。

それからわたしは無事配属され、自分の持ち場に案内されました。そこはハイエースやプラド、ランドクルーザーなどのエンジンを作る工程でした。

その仕事内容ですが、ライン作業といってとても過酷なものでした。まずはエンジンの中にさまざまな細かい部品を取り付け、その後クランクシャフトという重たい部品を取り付け次の工程に流すといったことをひたすら繰り返すのみの仕事でした。

実際にこの仕事を1年間続けてみて、もらった給料は求人票にも記入してあった通りの内容でなかなかの好待遇でした。作業量と比べてしまうと少しどうなのかなという面はありますが、そこは割り切って働いていました。

給料の具体的な内容は、まず最初の給料とその次の給料には10万ずつの入社祝い金というものがつきました。基本給は日当たりなので月によって変動はありましたが、大体基本給が20万くらいでした。

それから残業代や深夜手当などもろもろの手当がついて26万〜30万くらい。その金額から社会保険やその他の税金、食事代などで3万~4万くらい引かれて手取りが24万〜26万といったところでした。

職場の人の人柄は班をまとめる上司の方はとても寡黙な方で怖いイメージでした。その方以外は比較的優しい方ばかりでとても仕事がやりやすかったです。休みの日には食事会も開いてくれてとてもいい思い出になりました。

寮につきましては、トヨタの寮のなかでも比較的あたらしい部類に入る寮らしく、なかなかきれいでした。ですがやはり色々な人間が集まっているので環境はとてもじゃないですがいいとはいいきれません。

ですが期間工なのでそこは割り切るしかないのかな、とわたしは思いますし、そう思って乗り切りました。

期間工のメリットですが、やはり一番はお金だと思います。なかなかこのご時世に資格もいらず学歴も問わずで初任給が20万もらえる会社はそう多くはないと思います。なのでお金を貯めたい人などには、とっても最適だといえるでしょう。

もう1つ挙げるとするなら、厳しい仕事をやり遂げたという経験で、多少は根性がつく仕事だと思います。

期間工のデメリットとしましては、本当に仕事がきついです。体力面はもちろんの事ですが仕事に慣れてくると本当にきついです。

なぜなら本当にひたすら体力系の流れ作業だからです。2時間毎に休憩はありますが、休憩時間以外はおしゃべりも出来ませんし手をやすめることもできません。ひたすら同じ動きを続けての体力と時間との勝負になってきます。

結果、精神的にとてつもなくやられてしまいます。単調な仕事が好きな人には向いているかもしれませんが、わたしは相当きつかったです。本当にノイローゼになりそうなくらいで、1年が限界でした。

これから期間工をやってみようと思っている方は、是非とは言えませんがお金を短い期間でためるにはもってこいの職業とは言えます。なので、そういった方は是非チャレンジしてみてもいいかと思われます。

また、いい社会経験にもなると思いますよ。最初はとてもきついので、あまり体力に自信のない方は走るなどして体力を多少付けてから職につけば比較的楽に始められると思います。

トヨタ期間工応募

ホンダの期間工で働いた体験談|その2

私が期間工として働いていたのは、平成21年頃からでした。ちょうどリーマンショックのあおりを受けて会社が大規模な人員削減を行ってきました。

結局、私がいた工場の部署はラインごと無くなってしまい、部署の全員が路頭に迷うことになりました。 その時は独身だったので会社の独身寮に入っておりました。

住むところと働くところの両方を一気になくしたのですが、捨てる神ありゃ拾う神ありとでも言いましょうか同じ部署の先輩が、「当面のこともあるだろうからトヨタの期間工として一緒に働かないか?寮もあるし仕事内容もここの経験を生かせると思うぞ」と誘って頂きました。

人生捨てたもんじゃないなと思いました。独身で小回りも効く身でしたし何と言っても荷物が少なかったので寮への引っ越しも簡単に済ませることができました。

誘って頂いた先輩は、前に半年間、期間工として働いたことがあるそうで寮に入る前にしておいた方がいいことなど、いろいろレクチャーを受けました。

その時は意外にも散髪をしておけとアドバイスを受けました。期間工になると結構シフトが昼夜バラバラなことが多いのと、期間工の勤務地は少し駅から離れたところにあることが多いので散髪するところが無いのだそうです。

仕事内容は簡単な日立の家電組立て作業でした。部品のピッキングや加工などもしました。ラインで流れてくるので息つく暇もありませんでしたが、仕事内容としては本当に経験を活かせる内容だったので苦労することはありませんでした。

気になるお給料ですが、夜勤が多いかどうかなど勤務時間によって多少の前後はありましたが手取りが大体が23万~27万ぐらいの間でした。

結局、期間工としては契約の更新もして頂いて2年ほど働きました。長期間、働けたのは何と言っても同じ工場で同じ期間工として働く人達に恵まれていたからだと思います。

実は、リーマンショック後ということもあってか同じような境遇の人が沢山期間工として働いておりました。中には同じ年で中学校が隣町なんて方もいて、すごく皆フレンドリーでした。

といっても中には少し気難しい人もいましたが、そんな人はどこの職場にもいるので社会人として上手に立ち回っていれば問題ありませんでした。正直、あまり関わらないことが一番の対策だと思います。

一番うれしかったのが寮の施設がすごく充実していることでした。エアコンも完備してありお風呂も広くて綺麗でした。

皆で談笑できるソファーのスペースまでありました。そこで良く馬鹿な話をしては大笑いしました。こんな感じだったので、すごく恵まれた職場環境だったなと思います。

何よりも人に恵まれていたことが、職と住むところを無くした傷心の私には救いでした。 駅から少し離れているにも関わらず、以外にも散髪屋さんが近くにあり簡単な日常品であれば近くの個人経営の雑貨屋さんで手に入れることもできたことを付け加えておきます。

期間工ってう言葉の響き自体に良いイメージのなかった私ですが、あの経験は本当に人生を左右する3年間だったな思います。

人生のどん底から少しずつ浮上するキッカケをくれました。寮の設備も良かったですし、お給料も悪くなかったと思います。

しかしながら、良いことばかりでお金を貰える訳はなくやはり、大変な面もありました。忙しい時は残業をして労働時間が長かった時もありましたし休憩する間もないほどの時もありました。

しかし、キチンと残業代も出ていましたのでそんなに苦にはなりませんでした。

期間工も種類はいろいろあるかとは思いますが、最後は人に恵まれるかが大きいのかなと思いました。貴重な体験をした2年間でした。

トヨタ期間工応募

期間工のおすすめ!稼げる期間工の選び方|給料・評判・環境で比較

ページトップボタン